ケント・デュケイン (Kent DuChaine)

特別ギターがめちゃ巧いとか、最近何かで話題になったとかそういうのではないのですが、ケントの歌からかもしだされるビロードのようなイマジネーションは、日本人なら絶対分かる物があります。プレイ自体には荒削りな部分もありますが人の心に直接響くものがそこにはあります。その理由のひとつはケントの声質と、曲作りのセンスの良さではないかと、そんな気がしています。
ケントのオフィシャル・サイト The Kent DuChain Home Page

Kent DuChaine / Live in Norderstedt. Music Star CD \2,200tax in
今回の新作もライヴ盤。ライヴで聴くケントの醍醐味は
会場の暖かい雰囲気の中で伸び伸びと歌う彼の姿に、
ブルースが好きでたまらない私たちと同じスタンスを感
じる点ではないでしょうか。今回も全21曲、愛用のギタ
ーと自らの歌で最後までひっぱるこの気持ちの込め方
が嬉しいです。際だってギターや歌が上手いという訳で
はないのに何となく印象に残ってしまう不思議な魅力を
持った人です。絶対数は少ないけどケントのファンは確
実に水面下で増殖中です。地味ですが見逃せない1枚。

2000 USA Cadillac Records/New Morning Records CAD-1717

01.Crossrords
02.Fifi Bordeaux
03.Blues So Bad
04.Mean Mistreater
05.Marilyn
06.Come into My Kitchen
07.When a Man Loves a Woman
08.She's Haunting Me
09.Jitterbug Swing
10.The Things I Used to Do
11.Personality
12.Tribute to Muddy
13.Last Fair Deal Going On
14.Johnny's Gone
15.Can't Be Satisfied
16.Friend of Mine
17.Fishing Blues
18.16 Gauge Steel
19.Loa of Love
20.Swing Low Sweet Chariot
21.When The Saints Go Marching in

Kent DuChaine / Playing the Blues Live at les LoufiatsCD \2,200tax in
会場の暖かい雰囲気とレスポンスが、聴いているこちら
まで幸せにしてくれる、そんななんともハート・ウォーミン
グなライヴ盤です。お馴染みの曲からケントのオリジナル
までバランスも良いです。少しずつ工夫されたアレンジで
弾き語りをしているので最後まで飽きることはありません。
2000年の"Live in Norderstedt"と双璧を為す、ケントの
個性が最も自然に出たお薦めアイテムです。


1997 USA Cadillac Records 1616

01.Aberdeen Mississippi Blues
02.TheLittle Red Rooster
03.Preaching Blues
04.Long Distance Call
05.Walking Blues
06.Trouble In Mind
07.You Don't Want Me
08.Traveling Riverside Blues
09.I'll Be True To You
10.Boogie Man
11.Sweet Home Chicago
12.She's Irresistible
13.Cajun Queen
14.St. James Infirmary
15.Shake Your Moneymaker
16.Fever The
17.Seventh Son
18.Edgemont Station

Kent DuChaine / She's Irresistible CD \2,200tax in
オリジナルの歌の素晴らしさと、レヴァランドの名曲、
"Death Don't Have No Mercy"等の泣ける選曲に
彼の人となりを見る気がしますが、ロバジョンのT-シャツを
身につけてロバジョンの歌を唄うケントに自分自身を発見
する人も有りそう。他にBlind Alfred Reedの"Always Lift Him
Up And Never Knock Him Down"や、意外なところでは
"The Things I Used To Do"。これを弾き語りで聴くのは
初めてだったような気がします。

1996 USA Cadillac Records 1515
01.Dues for the Blues
02.Irresistible
03.Back Home In Alabama
04.16 Gauge Steel
05.Fifi Bordeaux
06.Death Don't Have No Mercy
07.Seventh Son
08.Always Lift Him Up and Never Knock Him Down
09.The Things I Used To Do
10.Hellhound On My Trail
11.Messing With You
12.When A Man Loves A Woman
13.Sad and Lonely
14.Personality
15.Johnny's Gone
16.No Place Like Home

Kent DuChaine / Take A Little Drive With Me CD \2,200tax in
なかなか力強いタッチの曲が多い作品。
キャッチーなメロディラインをした(7)が
私は一番好きですが、彼の書く曲は
いずれも一緒になって歌えそうな
メロディをしたものが多く、弾き語りを
志す方にはちょっとやってみたくなる
曲が多いのではないかな。
あの"Fever"も彼が歌うとこうなる。

1994 USA Cadillac Records 1414

01.Marilyn
02.Poor Man
03.The Goose
04.Louisiana Blues
05.Last Fair Deal Going On
06.Dead Presidents
07.The Storm
08.Fishing Blues
09.Kansas City
10.Blues Milkcow's Calf's Blues
11.Fever
12.Thanks To Memphis Slim
13.Rolling and Tumbling
14.You Don't Want Me
15.Chain Gang
16.I'll Be True To You

Kent DuChaine / Lookin Back CD \2,200tax in
フレディの(9)がいいな〜。
アーニー・ディフランコがブルースをやったら
きっとこうなるかも。(8)の解釈には賛否が
分かれるかも知れませんが、自分の曲に
しようという試みはさすがです。
同じくロバジョンの(10)も力演。
最近のまろやかさも良いけど
この時期の彼のパワーも良し。

1993 USA Cadillac Records 1313

01.Can't Be Satisfied
02.Little Red Rooster
03.Preaching Blues
04.St. James Infirmary
05.Traveling Riverside Blues
06.Trouble In Mind
07.Bukka's Boogie
08.Crossroads
09.Boggie Man
10.Come Into My Kitchen
11.Aberdeen Mississippi Blues
12.Walking Blues
13.Sweet Home Chicago
14.Shake Your Moneymaker

Kent DuChaine / Just Me & My Guitar CD \2,200tax in
この人はフランスの血も引いてるのか。
歌の合間にところどころフランス語の
合いの手が入るのですが、それを
自分のスタイルにしているようです。
比較的穏やかな作風にしわがれた
声が似合います。いかにもそれっぽい
スライドで始まる(8)、おいらデルタで
生まれたのさ・・・ 良いです。

1991 USA Cadillac Records

01.Cajun Queen
02.Loa of Love
03.Friend of Mine
04.Blues So Bad
05.Lisa
06.Mean Ole World
07.Edgemont Station
08.Tribute to Muddy
09.I Got the Blues
10.She's Haunting Me
11.Something for Emily

お申し込み方法