appleJam特選RockMusic
ご注文方法 / top page  このページは税抜表示です。

テイルゲイターズ(Tailgators)
Tailgators It's A Hog Groove! CD \3,850+
特別変わったことやってる訳でもなく、ことさら騒ぎ立てて凄いぜ!っていうことでもないのにかれこれ10年も馴染んでしまってるバンド。その魅力をひとことで言えば、とぼけた味でしょうか。地元テキサスで地域の人々の生活に溶け込んでるに違いない。良さは聴けば解って頂けるでしょう。でもこれだけは全作品中最も地味な仕上がり。
1996 USA UPSTART 019
(収録棚 CD15)

Tailgators Mumbo Jumbo CD (Out of Stock)
アコーディオンに被ってジャカジャカいうチープでガレージっぽいギターと徹底してシンプルな二拍四拍のビートを刻むドラム。哀愁味を帯びたエコーたっぷりのギターも切ない。それだけのことなんですが、それこそが彼らの魅力。ぐずぐず言わずに聴いてくれという感じか。パンク系のファンにも受けそうな気が。All Music Guideでも最高点に近い評価を得ている、ルーツ・ロックの隠れ名盤の一枚。
1988 USA Wrestler WR 986

Tailgators Tore Up CD \3,850+
このアルバムではサウンドに奥行きを出そうとして工夫を懲らしてるようです。妖しさもいや増して地底の底から響いてくるようなボトムの低いビートもその成果のひとつでしょう。そこに哀愁味たっぷりのエコーがかかったガレージ風のギターがのっかるのがなんとも言えません。ロック色が濃くのりもめちゃ良いです。お薦め!
1988 USA Wrestler WR
(収録棚 CD15)

Tailgators Swamp's Up CD \3,850+
タイトル通り、徹底的にスワンプ・サウンドを意識した音作りで、エレキ・インストも多い。これは'60年代ガレージ・サウンドやパブロック好きな人にもお薦め。でもそうじゃない
ひとにはロックっぽいヴェンチャーズに聞こえるだけかも知れません。評価の分かれる一枚かな。私?私はこの手のが大好きで、死にものぐるいで聴きまくるんです。もちろん歌入りも多いです。
1994 USA Upstart
(収録棚 CD15)

Tailgators Swamp's Rock CD (Out of Stock)
これが彼らの1stアルバム。ほんわか、ほのぼのしたバンド・サウンドに時折キーコ・キーコと絡むフィドルの脳天気さに捕まってしまった訳です。当時もショップでは見たこともなく、LPをラウンダーから直接取り寄せて買ったものでした。まだこの時期は全体にゆるゆるのケイジャン・ロック。でもそれがまたいいのです。
1990 USA Wrestler