Blues Club /Blues Women Club /  Rare Blues Club /類似穴&New Orleans Club
最も人気のある老舗コース
B
luesClub

appleJam出店とほぼ同時に立ち上がったクラブ第一号の老舗コースです。
意外性も含めて聴いて楽しい進行形ブルースが中心ですが、コテコテのブル
ースよりかは聴いてカッコいいブルージーなサウンドが信条です。創設時から
の古参ファンの中には、たまにはヴィンテージの極上ブルースやR&Bも混ぜて
との声が少なくなく、温故知新の気持ちも籠めて時々は60〜70年代の発掘
盤も選盤しています。熱血系のイカした音が好きな幅広いファン層にお薦め!

コースは 1枚会員2枚会員 が選べます。

5大クラブに共通のお約束のページもご一読下さいませ → 共通規約


Blues Clubには カスタム・コース もあります

御希望のお客様には、お寄せ下さったお好みのタイプに合ったブルース・アルバムを極力お送りするように致します。
以下は実際に会員様からのご希望があるカスタム・コースの例です。

例1) 時々混じるブルース以外の作品を入れ替えて毎回ブルース盤だけを選盤する。
例2) 毎回黒人が中心のブルースだけを選盤する。
例3) ギターがメインのブルース・アルバムを中心に選盤する。
例4) ブルース・ハープがメインのアルバムを中心に選盤する。


<お申し込み方法>

「Blues Club会員 ○枚コース申し込み希望」 と書いてE-mailまたはFAXにてお申し込み下さいませ。

お客様の お名前・郵便番号ご住所・TEL も忘れずお書き添え下さいませ。(入会金は不要)
お申し込みが20日より以前でしたら当月から、21日より以降でしたら翌月からお届け致します。

以上の他にもご質問やご不明の点がありましたらE-mailにてお気軽にお問い合わせ下さいませ。
よろしくお願い致します。

BluesClub
2022〜23年の 頒布予定タイトル一覧 (Blues Clubは2023年で活動開始以来24年目となります)
表示価格はすべて税込価格です

2023年 1枚コース会員様 2枚コース会員様にはこちらの作品もお届けします
1月 シカゴのトップ・ヴィーナスがセイレーンに化身したような一枚
Kimberly Gordon Trio Melancholy Serenade CD \2728  (本体\2,480)
レーベル名のセイレーンはギリシャ神話に登場する、美声の歌う人魚が由来で、その美声に吸い寄せられた船を次々難破させるというちょっと怖い存在。でもこのキンバリーのアルバムを聴いてると、実際のところそんな恐怖を味わってもいいと思わせる吸引力が大。コブシに変なクセがなくとても素直で爽やかなヴォイスで歌われるムーディーかつスインギーな歌の数々、そこにさらにフォアマンのピアノがほんのりとディープさを漂わせ益々海の底へと聴く者を誘ってくれます。ドラムレス・トリオの編成が活きている演奏で、キンバリーの体内リズムがそこに気持ちよくフィットしています。
2004 USA Seirens Records SR 5009
※以上は初導入当時に書いたコメントそのままです。
ブルーフレイムスの新譜とファッツの79年、80年ライヴがセットになった変則2枚組。
Disc1 The Hollywood Blue Flames Road to Rio 2CD \2,500
Disc2 The Hollywood Fats Band Larger Than Life
いざ入荷して中を開けるまでてっきりブルー・フレイムスの2枚組だと思っていました。それが何ともう1枚はこれまたノリノリのハリウッド・ファッツの盤でライヴ・トラックが12曲も入っていました。しかもそのうち半分にEddie"Claenhead"Vinsonが参加していて歌も歌っています。こんな嬉しいプレゼントが隠して?あったなんて、なんて素晴らしい2枚組!!本体のブルー・フレイムスの方だけでも充分嬉しかったの
に凄いぞ、これはと感じます。カークのさりげない名人ギターが存分に聴ける意味でもこのバンドはもっともっと注目されて欲しい存在。
2006 USA Delta Groove DGPCD-107
※以上は初導入当時に書いたコメントそのままです。
2月
3月
4月
5月
6月
7月
8月
9月
10月      以下 2022年の配布予定作品です
11月 長らく廃盤だった 94年の初ソロ作の復刻盤、重量感溢れる快心の作
Terry Evans Blues for Tought CD \2,480
ライ・クーダーの全面的プロデュースの下、ロバート・ウォード(g)やラリー・テイラー(b)にジム・ケルトナー(ds)といった大変に魅力的なバック・ミュージシャンを起用しての制作。ずしんとくるげんこつ唱方はこの瞬間も見事に炸裂、フォーキーな曲も挟みつつの実にソウルフルなアルバムに仕上がっています。大ブレイクした"Mississippi Magic"以降、まさに多くの人々の切望がこの盤の復活でした。今だからこそ逆に凄く新鮮です。
2005 UK Evangaline ACA-8097
※以上は初導入当時に書いたコメントそのままです。
ポールバターフィールド ライブニューヨーク1970 2CD  \2970






輸入盤国内仕様
12月 オースチンのブルース・シーンから発信されたピュアなゴスペル魂
Malford Milligan & Friends / The Gospel According to Austin Vol.2 \2,486

オースチン発の進行形ゴスペル・サウンドという新鮮な切り口が店主も驚くほどの好評を博したシリーズの第二弾。今度はコンピではなく地元オースチンで活躍するブルース・シンガー、マルフォード・ミリガンを全面的にフィーチャーしたアルバムとなりました。冒頭から魂をえぐられる手応え充分で、スリリングな12弦スライドと妖しさも伴うマルフォードの呻きにも似たヴォイス、これこそ進行形ゴスペルの真骨頂。曲によって編成も色とりどりですが、ダウンホームな味わいの曲にナチュラルなスピリットを感じます。ジャケットの素朴さといい音の無添加ぶりといい泣ける出来映えです。
2001 USA Benefit CD Sponsors KGSR 107.1 FM Anonymous
※以上は初導入当時に書いたコメントそのままです。
V.A. The JSP Jazz Sessions Vol.2(2CD)\2,625
London 1980-85

どういう経緯でJSPにこのようなバピッシュなジャズのセッションが残されたのか、詳しくはないのですが、エディ・クリーンヘッド・ヴィンスンやバド・フリーマン達によるこれらの演奏はまったくもってすみにおけないゴキゲンなものばかりです。特にDisk 1のアルト、テナー、トローンボーンのブローイング・セッションは特筆に値する貴重なトラックばかりです。DISC2のハル・シンガーも絶妙のテナーを聴かせてくれています。超お薦め!
1997 UK JSP JSPCD-404
※以上は初導入当時に書いたコメントそのままです。