Blues Club /Blues Women Club /  Rare Blues Club /類似穴&New Orleans Club
最も人気のある老舗コース
B
luesClub

appleJam出店とほぼ同時に立ち上がったクラブ第一号の老舗コースです。
意外性も含めて聴いて楽しい進行形ブルースが中心ですが、コテコテのブル
ースよりかは聴いてカッコいいブルージーなサウンドが信条です。創設時から
の古参ファンの中には、たまにはヴィンテージの極上ブルースやR&Bも混ぜて
との声が少なくなく、温故知新の気持ちも籠めて時々は60〜70年代の発掘
盤も選盤しています。熱血系のイカした音が好きな幅広いファン層にお薦め!

コースは 1枚会員2枚会員 が選べます。

5大クラブに共通のお約束のページもご一読下さいませ → 共通規約


Blues Clubには カスタム・コース もあります

御希望のお客様には、お寄せ下さったお好みのタイプに合ったブルース・アルバムを極力お送りするように致します。
以下は実際に会員様からのご希望があるカスタム・コースの例です。

例1) 時々混じるブルース以外の作品を入れ替えて毎回ブルース盤だけを選盤する。
例2) 毎回黒人が中心のブルースだけを選盤する。
例3) ギターがメインのブルース・アルバムを中心に選盤する。
例4) ブルース・ハープがメインのアルバムを中心に選盤する。


<お申し込み方法>

「Blues Club会員 ○枚コース申し込み希望」 と書いてE-mailまたはFAXにてお申し込み下さいませ。

お客様の お名前・郵便番号ご住所・TEL も忘れずお書き添え下さいませ。(入会金は不要)
お申し込みが20日より以前でしたら当月から、21日より以降でしたら翌月からお届け致します。

以上の他にもご質問やご不明の点がありましたらE-mailにてお気軽にお問い合わせ下さいませ。
よろしくお願い致します。

BluesClub
2022年の 頒布予定タイトル一覧 (Blues Clubは2022年で活動開始以来23年目となります)
表示価格はすべて税込価格です

2022年 1枚コース会員様 2枚コース会員様にはこちらの作品もお届けします
1月 Mountain  Live in the 70's  3CD \2,970




輸入盤国内仕様
Bob Corritore & Friends  Spider in My Stew CD \2,640
2021 輸入盤国内仕様
2月

Michelle Willson / Wake Up Call \2,750

何と成長著しいことか、前作から二年おいて出た今回のアルバムは誰が聴いても文句無しの存在感を発揮しています。曲も良いしお馴染みのバンド、Evil Gal Festival Orchestraもピカイチです。大ヒットしたCandye Caneを思わせる曲が何曲か入ってるのは同じブルザイだからですね(笑) しかし雰囲気的にはミッシェルの方がオトナっぽいムードを強く漂わせています。彼女の特徴は声に白とか黒とか肌の色を思わせる要素が少ないことです。それだけ歌手として完成されてきたのだと思います。スイングからシャッフルまで全曲OK!の優れものです。
2001 USA Bullseye Blues & Boogaloo

Michelle Willson Tryin' to Make a Little Love \2,750

ブルザイでは中堅とも言える存在のミシェル。アダルティーな雰囲気の中、ちょっぴり可憐さもある悩殺的な音作りと歌がたまらなく良いです。でも彼女の場合はなんといっても、持ち前の軽快かつスウィンギーなブルースが売り。この3作目でもその路線は同じ。まったりとはしていないところがニクイです。ブランデーでもバーボンでもなく、カクテルが似合いそうな音作り。都会的でお洒落度高いサウンド、それが路線なんだと思います。彼女は全作品が文句無しのお薦めです!
1998 USA Bullseye Blues & Jazz 9610

3月 スーフォーリー  ピンキーズブルース CD \2640



輸入盤国内仕様
ウィーウィリーウォーカー
ノットインマイライフタイム  CD \2640


輸入盤国内仕様
4月 これが最後の蔵出し!
Joe Thompson
Family Tradition
CD \2,750

ノース・キャロライナの農場をベースにストリングス・バンドのフィドラーとして活躍している人のようですが、作品の傾向としてはまさに黒人のカントリー・ミュージックといった内容です。1920年代から活動してきた彼の、80才の誕生日にリリースされたというのは素敵な話。年輪漂う素朴な歌はとても味わいがあります。
1999 USA ROUNDER 2161
クリスワイリー S/T CD \2640


輸入盤国内仕様
5月 6組全員がフレッシュな美形かつ魅力的な個性派揃い、シーンの未来はまさにバラ色
特にappleJamイチ押しの Sarah Lemieux はここでも抜群の存在感、絶対の要注目!!

V.A. National Women in Blues CD \2,500
世界に進出した松下電気が何時までも 国民的 という意味のブランド名が社名ではまずいぞ、ということで先般ついにパナソニックに社名を統一したというニュースを突然に思い出しました。この作品の ナショナル という冠もまさに民的なブルース・ウーマン=全米のブルース・ウーマンを特集したというコンピ盤。2006年から始まった同名のブルースイベントのイメージ・アルバムという置づけで、主催者でかつメインパフォーマーの一人、ミッシェル・シードマンももちろん入魂のバレルハウス調のトラックを吹き込んでいます。企画自体が既に大ブレイク、今年も5月にノースキャロライナで第三弾のフェストが開催、ファンとしては次は絶対DVDが観たい!と思います。
輸入盤国内仕様
トニーホリディ ポーチセッションズVOL2 CD \2420


2022輸入盤国内仕様
6月 ディーコン 一世一代の勝負作は、同時公開の映画も絶対見たくなる会心の作
Deacon John Jump Blues DVD-Audio \4,800

このDVDはちょっと変わった構成になっていて、動く映像はボーナスっぽく入ってる"Jumpin In The Morning"と、CDには未収録の"Any Day Now"の二曲のみ。最大の売りはDVDオーディオ環境ならではの技術を駆使した、一種のスーパー・オーディオDVDとして、音を聴くためのDVDとなっています。メニューから通常にPlay もしくはPlay Listを選択すると、固定画面にその曲のクレジットを表示しながら、ユーザーが選択したオーディオモードで特別にハイクォリティなサウンドが楽しめます。そのオーディオモードには Analog 24track to 96khz/24bit と Aiternate 5.1 stage and Ausience Cahnnel Mix、Stereo 48khz/24bit PCM mixes等が選べるようになっています。他にフォトギャラリー、Notes等おまけも有り。収録曲はCDと全く同じ内容。
2003 USA AIX Records AIX-81004
ナイル川を源流とするモード・ジャズに垣間見るコルトレーンの影
Mark Gross Riddle of the Sphinks CD \2,500

冒頭こそトレーンの"アフリカ・ブラス"を思わせる幕開けですが徐々にその色は濃緑からサンドベージュへと変化、しかしサウンドのフォーマット自体はインパルス時代のトレーンの影を大きく投影したもの。エジプトの文化にインスパイアされつつも根っこはアルトにおけるトレーンのフォロワーでもあるようです。そこに絡むオードの響きがいやが上にもエジプト色を塗り固めていく感じ。マークのたどるナイル源流への旅は果たしてライフワークになるのか、そこがとても楽しみに思える異色な作品です。
2000 USA J Curve JCR-1011
7月 1979年Kicking Mule、Guitar Workshopの初CD化
V.A. Blues Guitar Workshop CD \2,500
5人のアコースティック・ギタリスト、Davey Graham、Duck Baker、Sam Mitchell、Tom Paley、Mike Cooperによるカントリー・ブルース集。ヴォーカル入りも有り。この盤には惜しくもPDFファイルの収納は無し、耳で聴いてコピーするという、古典的な手法による特訓が待っています(笑)。
2008 輸入盤国内仕様

シビレまくりの極上サザンロックが充満
The Jeff Mertick Band  Outrun the Sunrise CD \3,000



USA Independent
8月 圧倒的にファンを拡大した大出世作の3rdアルバム
Carl Weathersby Restless Feeling CD \2728 (\2480本体価格)
一発目の"Mutchbox Holds My Clothes"から本家アルバート・キングもぶっ飛んでしまいそうなくらいぶりぶりのファンク・ブルースでがつんと攻めてきます。2000年ブルース・カーニバルでの来日ではその実力をまざまざと見せつけてくれたました。1953年生まれというからブルース界では最も旬の世代。ヴォーカルもギターも一級品です。ノリノリのファンク・ブルースの間に挟まるソウルフルなチューンやスローなブルースがとっても妖しくて完成度も群を抜いています。曲もバラエティに富んでいて最後まで飽きません。一気に聴いてまた聴きたくなるそんな一作。
1998 USA EVIDENCE ECD-26099
※以上は2000年当時に書いたコメントそのままです。
リー・マクビー (Lee McBee)
ハーモニカの多彩なトーンと確かな技術に唸らされるパフォーマンス!
Lee McBee Soul Deep \4235 (\3850
本体価格)
やはりテキサスのマイク・モーガン(g)と90年頃から一緒にレコーディングをしていたハーモニカの名手。このアルバムは2001年オースチン吹き込みで、自身のアルバムとしては95年の"44"以来二作目かと。名曲"ホームワーク"を思い出すノリの#2 It's Your Voo Doo Working や ハーモニカの上手さに脱帽のインストチューン、#4Twelve Hours from You"等聴き所満載のめちゃ濃い一枚。#6のソウルチューンでも感じますが、白人ということを忘れる、ナチュラルなサビの利いたヴォイスも強み。ひっかかり気味に弾く#4のへたうまのギターもGood。総じて出来が凄く良く、ハープファンでなくともマストアイテム!
2002 German CrossCut CCD-11072
※以上は2002年当時に書いたコメントそのままです。
9月 グラント・グリーン・ジュニア
ギタートーンに滲む歌心、バラード弾きとしても活躍しそうな予感がします
Grant Green,Jr. Introducing G.G. CD \2800
ハービー・ハンコック風の一曲目、この曲に今後のグリーンJr.の方向性が現れているような気もします。CTI時代のベンソンとKUDUサウンドをミックスしたかのような音。暖かみのあるクリーントーンながら厚みもあって最高に魅力的。アレンジはシティ派、特にオリジナルの#3.Another Time、Another Placeはベンソン流儀の流れるようなラインが印象的。#6.Deep Riverはフェンダー・ローズとの相性も良く、思わずうっとりとさせられる快演。ギターという楽器の持つ奥の深さを改めて感じさせる1枚でもあります。
2002 U.S.A. Jazateria 20310-2
※以上は2002年当時に書いたコメントそのままです。
チック・ウィリス(Chick Willis)
往年のスタックス・サウンドを思わせる、限りなくソウルフルなチックのブルース
Chick Willis the Don of the Blues CD \2970
全編ブルーズン・ソウルの路線をひた走る一枚で、いぶし銀ヴォイスのチックまさにどんぴしゃハマった作品。録音センスにやや不満有りでチック御大はギターも歌も絶品なので余計に勿体ない気がします。とはいえ#3.Last Timeで、往年のアン・ピーブルズが歌い出しそうな感覚とか、楽曲自体の持っている個性もゴキゲン。実験的に、楽器用の音響機材で若干のエコーと中域の厚みを加えてみたら見違えるほど素晴らしいサウンドに変化しました。恐らくは録音された音に艶が余りに無さ過ぎるため息苦しくなるのだと感じます。一曲オバマ・ソングがあるのが如何にも大統領選の最中に出た作品。表記されていないtrack #12も収録有り。
2008 USA CDS Records CDC-1007
※以上は2008年当時に書いたコメントそのままです。
10月 お楽しみに♪ フェントンロビンソン マンデイモーニング〜 + ライブインジャパン CD \3630

輸入盤国内仕様
11月
12月