Blues Club /Blues Women Club /  Rare Blues Club /類似穴&New Orleans Club
最も人気のある老舗コース
B
luesClub

appleJam出店とほぼ同時に立ち上がったクラブ第一号の老舗コースです。
意外性も含めて聴いて楽しい進行形ブルースが中心ですが、コテコテのブル
ースよりかは聴いてカッコいいブルージーなサウンドが信条です。創設時から
の古参ファンの中には、たまにはヴィンテージの極上ブルースやR&Bも混ぜて
との声が少なくなく、温故知新の気持ちも籠めて時々は60〜70年代の発掘
盤も選盤しています。熱血系のイカした音が好きな幅広いファン層にお薦め!

コースは 1枚会員2枚会員 が選べます。

5大クラブに共通のお約束のページもご一読下さいませ → 共通規約


Blues Clubには カスタム・コース もあります

御希望のお客様には、お寄せ下さったお好みのタイプに合ったブルース・アルバムを極力お送りするように致します。
以下は実際に会員様からのご希望があるカスタム・コースの例です。

例1) 時々混じるブルース以外の作品を入れ替えて毎回ブルース盤だけを選盤する。
例2) 毎回黒人が中心のブルースだけを選盤する。
例3) ギターがメインのブルース・アルバムを中心に選盤する。
例4) ブルース・ハープがメインのアルバムを中心に選盤する。


<お申し込み方法>

「Blues Club会員 ○枚コース申し込み希望」 と書いてE-mailまたはFAXにてお申し込み下さいませ。

お客様の お名前・郵便番号ご住所・TEL も忘れずお書き添え下さいませ。(入会金は不要)
お申し込みが20日より以前でしたら当月から、21日より以降でしたら翌月からお届け致します。

以上の他にもご質問やご不明の点がありましたらE-mailにてお気軽にお問い合わせ下さいませ。
よろしくお願い致します。

BluesClub
2024年の 頒布予定タイトル一覧 (Blues Clubは2024年で活動開始以来25年目となります)
表示価格はすべて税込価格です

2024年 1枚コース会員様 2枚コース会員様にはこちらの作品もお届けします
1月 ブルースキャラヴァン2023 CD+DVD \3630

毎年恒例 ドイツRUFレコード主催の豪華なブルースフェスをCDとDVDで堪能出来る秀逸盤

2023 輸入盤国内仕様
様々な切り口で進行形シカゴ・ブルースの側面を見せてくれるバンド
Vital Support S/T \3,350+ VERY LIMITED
カール・ウェザズビーのバンドとして知られるバンドですが、音作りが妙に昔の日本のブルースバンドに似ていて親近感を覚えます。最近はニューオリンズのギタリストの何人かにかつての日本のフュージョンギタリストの影を見ますが、シカゴで活躍する彼らの場合もアルバムの随所で80年代の日本のファンキーなブルースバンドに通じるものを感じます。それはバンドの音だけでなくヴォーカルにも感じる要素で、私たち日本人にとっては嬉しいのと同時に不思議な気持ちにもなる要素。原因は多分、アイデアが同じベクトルを持っているからかと感じます。
2005 USA Vital Support Band - Self Released
2月 ボブコリトー&フレンズ サムバディプットバッドラックオンミー CD \2970


2023 輸入盤国内仕様
イースト・コースト・タッチのカントリー・ブルース、今聴いても超どリアルな歌が多々
Frank Edwards / Georgia Country Blues \2,477
冒頭、「Good Morning,Little School Girl」で聴ける如何にもブルージーでダーティなヴォイシングと同時に、例えば#8や#11で聴けるフォークシンガーみたいなナチュラルかつ優しさも感じるヴォイスでも歌う人。ギターをタンパ・レッドに、そしてハーモニカはサニーボーイ(I世のジョン・リー)に学んだとのこと、ここではギターに共演者がいて、ふくよかでジャジーなフルアコの音がその共演者、チープでどリアルな音を出しているのがフランクのギターと思います。72年吹き込み13曲と41年吹き込み4曲で構成。ありきたりのカントリー・ブルースではなくしっかりと存在感を発揮している点が特筆。
2005 Austria Wolf 120.913
3月
ガリアヴォルト シャウトシスターシャウト CD \3190


2023 輸入盤国内仕様
ボブコリトー&フレンズ フェニックスブルースランブル CD \2970


2024 輸入盤国内仕様
4月 クリスオリアリー ザハードライン CD \2970

リヴォンヘルムバンドのフロントマンとしても知られる注目のブルースマン アリゲーター移籍後の第一弾 余談ですがかつて私がアリゲーターに取引を持ちかけた20年くらい前には うちはP-Vineと独占契約してるからという返答を頂いたものでした まさに時代が変わりました

2024 輸入盤国内仕様BSMF
キュートという言葉がジャネットのためにあった言葉だったと感じる一枚
Janet Klein and Her Parlor Boys / Paradise Wobble CD \2,500

自らもウクレレを弾くジャネットの、限りなくスイートで艶やかなヴォイスはいつかどこかで耳にした、そんな感じの印象を受けますが、セピア色で統一されたアートワークに相応しいサウンドをしています。もとより100%アコースティックなバンドも時にハワイアン・スチール、時にフランジャーを効かせた妖しいトランペットの音などを駆使して気分はまさに一世紀前のアメリカ。全編戦前色で統一されたこのアルバム、そこはかとなくノスタルジックなのにどこかが新しいのです。これは多くの方にお宝の一枚になることは間違いありません。ラグタイムからもろハワイアンまで自由自在とはこのことです。無抵抗でファンになってしまいます。う〜ん負けた!
2000 USA Coeur De Jeanette Production
5月 全編がメロウなジャズ・ブルース・カクテルって感じの仕上がり
Lynwood Slim Last Call CD 2,450
+
Kid RamosKirk Fretcher が常以上にもろジャズ・スタイルで迫り、リンウッドのヴォーカルもまたジャズ・シンガーの風情。エリントン作 #5.Nothin' But The Bluesはラサーン風サックスも含めてこれがハー
モニカ奏者の作品であること忘れる瞬間。ということで実際この作品では三曲でハーモニカを吹き、一曲でフルート、あとはシンガーに徹して作ったというアルバム。キッド・ラモスが伴走する中あたかもサックスがバピッシュにブロウしている感じのフレーズをハーモニカで吹くリンウッド。ブックレットの写真そのまま、ここではジャズとブルースをマテリアルにドリンキン・タイムのBGMとして作った気がします。
2006 USA Delta Groove DGPCD-108
ティンズリーエリス ネイキッドトゥルース CD \2970

通算21作目にして初のソロアコースティック作品!エレキの大ベテランによる神聖かつ新鮮な挑戦♪


2024 輸入盤国内仕様
6月 今世紀シカゴブルースの王道を行く組み合わせ
ジョンプライマー&ボブコリトー クローリングキングスネイク CD \2970



2024 輸入盤国内仕様
昨年三度目のブルースアヲードを受賞したスーのさらなるチャレンジ
スーフォーリー ワンギターウーマン〜 CD \2970



2024 輸入盤国内仕様
7月 リアル度MAX、現場の生きてるブルース炸裂、たまりません!これは持ってなあかんデ!!
Linsey Alexander Blues Band Someone's Cookin' in My Kitchen CD \2,850+
音だけ聴いたら60年代ものの発掘かと思ってしまうラフな録音は逆にリアルさが増してプラスの効果に作用したようです。ソウルフルな女性ヴォーカルに導かれての幕開け、#1Come Back Babyはクールなホーンと如何にものリズムギターのかっこよさにシビれます。意外だったのはバンジョーが大活躍する#4.Train Comin、まさかリンゼイでトレイン・ソングを聴けるとはこれも収穫のひとつです。とはいえ全体を覆う雰囲気はソウルが最もソウルらしかった頃のあの黄金のサウンド。時々顔を出す妙な音のkbは不要だったかも?好みかなぁ。特筆はベースのDave Survice、キレが良くて実にファンキーです。
2003 USA Independent
ダイアルトーンとP-Vineの愛の結晶、泣けるハーモニカ作品
V.A. Texas Harmonica Rumble \2625
P-Vineだからこその素晴らしいアルバムが本当に実現しました。自他共に認める大物の三人、ボビー・ラッシュとレイジー・レスターにサミー・マイヤーズ以外はほとんど無名といって良いパフォーマーばかり。なのになのに、ここにはぐっとくるサウンドの洪水でこのセンスとフィーリングには思わずさすがダイアルトーン!と叫んでしまいます。夢のようなこの新録で作ったハーモニカ・コンピ、言ってみれば西海岸Mountaintop の超人気シリーズBlues Harp Meltdownのテキサス版です。P-VineとDialToneとのタイアップで生まれた何とも嬉しい感激の一枚、全曲で電撃が走ります。
2005 Japan P-Vine PCD-25027
8月
9月
10月
11月
12月