オール・ザットAll That

N.O.(ニューオリンズ)で今最も勢いのあるジャムバンド、All That は1995年に、ラジオDJ の DJ Davis が立ち上げたバンドでしたけど、彼がN.O.最大の音楽イベントNew Orleans Jazz & Heritage Fetsivalの番組を担当していることこそ All That の超強力なパワーの源かも知れません。数多くの優秀なバンドに触れてきた経験が彼をして自分のバンドで何をやればいいのか、何をやりたいのかを確信させたのだと思います。まさに生まれるべくして生まれた時の潮流とも言えます。最もヒップでクールな、しかし音は限りなく熱い集団 All That!さらにギターに我らがHiro(ヒロナリさん)が居ることは私たちにも誇らしいことですね。


爆音で聴きたい!白熱のライヴに圧倒されるひととき
All That / The Family Album ...a Live Record \2,800tax in u
(Out of Stock 売り切れ)
All That の持つパワーの凄さはライヴで存分に発揮されることがこのアルバムで
判ります。2001年11月にマーメイド・ラウンジで収録されたものですが、バンド全体
でたたみかけてくるような展開が実にスリリング。ブラスバンド風のホーンのうねり
も残しつつ、各人のソロの展開はいずれの曲でもひたすら熱いです。バンドのボト
ムを支えるリズム隊もフルパワー、とにかく集合体としての音圧は半端ではありま
せん。ライナーのメンバーの名前の横にクレジットされてる"95"や"00"という数字
は恐らくそのメンバーが加入した年度なんだと思いますがこうやってバンドって歴
史を刻んでいくんですね。許される限界まで爆音で聴きたい一枚です。

2002 USA Sausaphonk Records SPH-002
★★★★

N.O.サウンドそのもの、ブラスの面白さ炸裂です
All That / The Whop Boom Bam \2,500tax in
この時のギターはスティーヴ・エゴで、ヒロナリさんは
まだ加入する前なのですが、そういった要素は別と
してこのアルバムも聞き応え充分!色んな部分には
っとする仕掛けがあって、中でも「モビー・ディック」の
カバーはボナラマよりずっとストレートでこっちもカッコ
いいことこの上なし。バンド全体の発散するうねりに
翻弄されつつ、いつしか一枚聞き終わってしまうとう
寸法です。こいつらにはかなわねぇな〜という一作!

1999 USA Upstart 0039
★★★★


お店のページトップ / お申し込み方法 表示価格は税込価格です。