apple Jam Carol Fran

appleJam Blues Woman

ご注文方法
 / top page   このページは税抜表示です。
 
下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

 Carol Fran and Clarence Hollimon See There! CD \2,480+税→\1,350+在庫処分特別価格
とにかくこのカップルの魅力はキャロルの幅広い芸風、それも結構可愛い感じのヴォイスに旦那のホリマンのいぶし銀のギターが絡むと絶妙のバランスを生むことです。もろセカンドラインからバラードやブルースまで、一端キャロルを好きになると、その曲は何でも良くなってしまう気がします。そのせいか私はキャロルをブルース・シンガーなのかソウル・シンガーなのかはたまたなんて考えたことがないのに気が付きました。つまり何を歌ってもキャロル節になる、これは歌手にとって、パフォーマーにとって最大の武器であり魅力だなと感じます。お薦めの一作!!
1994 USA Black Top BT-1100(USAオリジナル盤)
★★★★★
(収録棚 CD20  stock21)

ホリマンの遺作となったコンビ最後の録音で、なおかつこちらがファースト・リリースの英国オリジナル盤
Carol Fran and Clarence Hollimon It's About Time CD \2,850+
キャロルの表情豊かな歌とホリマンの職人芸的ギターのコンビはまさにおしどり夫婦と呼ぶに相応しいコンビネーションを示しています。惜しくもホリマンは既にこの世の人ではありませんが、私たちはこうやって残されたCDでいつまでも演奏を楽しむことが出来て幸せです。ホリマンが1曲と、リズム・ギターで参加してるジョン・マークスも3曲で歌っているせいかいつになくバラエティに富んだ感じでスインギーかつゴージャスなジャンプ系路線をまっしぐらです。キャロルにはこれからもめげずに活躍してくれること願っています。
2000 UK JSP JSPCD-2139
★★★★☆
(収録棚 CD19 stock1)

まさにBlack Topのレーベル・カラーを象徴するサウンドで一杯
Carol Fran and Clarence Hollimon Soul Sansation! CD \2,280+
フラン&ホリマン夫妻によるこれが92年のBlack Top初吹き込み。ジャジーでブルージーでソウルフルなサウンドは今も時代の先端を行く感じ。全く惜しい人(ホリマン)とレーベルを私たちは無くしてしまったものです。ここにある全曲がニューオリンズ・ブルースの素晴らしさを思い知らせてくれる名演・名唱ぞろい、ポーターJrの参加や、アコーディオンのリン・オーガストの活躍も見逃せない要素、ガンボ・スープのような、ごった煮的ブラック・ミュージックの面白さを文句無し満喫出来る素晴らしいアルバムです。
2006 国内盤 P-vine PCD-22253
★★★★★
(収録棚 CD19  stock2)

一人になっても二人って感じのハートをびんびん感じるのが嬉しいアルバム
Carol Fran Fran-Tastic CD \2,850+
ホリマンを亡くして以来一日も早い元気な復活を願っていた人は相当多かったと思います。その待望の新作は、力みも路線変更も全くないいつものキャロルがそのまんまで嬉しさと安堵がこみ上げてきました。ライナーにもジェフ・ハナッシュ(N.O.の作家)の感慨深い長文が寄せられていますが、やはりルイジアナ特にキャロルの故郷ラフィエットの人々にとっては50年来の付き合いだけにこのアルバムは喝采とともに迎えられたと思います。#3〜#5、#8のジャズ・ブルースは個人的にも黄金のトラック、新しいギタリストSelwyn Cooperが活躍する#10のスローブルースもドラマチックで大満足です。ファンキーな#11はオリジナルでちょっぴり新境地か、#12とラスト#13はまさに独壇場でスカッっとします。
2002 USA SONO(Sound Of New Orleans) SONO-1056
★★★★☆
(収録棚 CD19 stock3)

極上のブルースが普通に毎日そこにあることを物語るかのような、素敵なライヴ・コンピ盤
Black Top Blues a Rama Vol.7 CD (Out of Stock)
ニューオリンズのライヴ・シーンを知るのに最適なシリーズ、ブルース・ア・ラマ。クラブ・ティピティナでのライヴ集ですがこのVol.7はメンツが凄くて見逃せません。冒頭のThe Crawの火の出るようなステージ(3曲)からビッグ・ロバート・スミス(1曲)、リン・オーガスト(4曲)を挟んでキャロル・フラン&クラレンス・ホリマン(3曲)、ロバート・ウォード(5曲)と怒濤の展開を見せる。特にキャロル・フランはホリマンのギターも冴えに冴えていて必聴! ロバート・ウォードも絶好調で泣けます。あのぐにゅぐにゅギターに思わずにんまり。超お薦め!
1993 USA Black Top BT- 1089
★★★★★