Georgia Blues Dawgs
バンド名にジョージアを名乗るからには・・・という予感はあったものの、絵に描いたようにそのままの音が出てきたときには嬉しくなりました。最近めっきり日本では聴かなくなってきた、あの全人類兄弟(笑)の流れを汲むサザンロックといいますか、時にはレイナード・スキナード風でもありますが、根っこに一本筋が通ってるのが良いです。

Georgia Blues Dawgs / Hard Times CD \2,800tax in (Out of Stock)
骨太でがっちりしたサウンドは、もちろんギター・バンドとして受け止めるのが
正解なのですが、その良く歌うギターだけでなく、トータル的にも魅力を出す
ことに成功しています。特に#6〜#8の流れが印象に残りますが、#4なども
ハードエッジなギターが切れ込んできてまた聴きたくなる曲です。トリオ編成
なのでG&VOのDavid T.Chastainに比重がかかるところを、ワンパターンにな
らないよう工夫しているのもトリオだということを意識させない勝因かなと思い
ました。何事も基本が押さえてあれば最小人数でこれだけのことが出来ると
いう証明でもあります。これを買った方は是非6曲目からお聴きになてみて
下さい。本来の曲順で聴くより随分印象が変わると思います。

2001 German Dark Reign DR-005-2 TA / 2001年アトランタ録音
★★★★


トップページ / お申し込み方法 表示価格は税込価格です。