Kevin Brown
詳しいバイオは不明なのですが、英国のプレストンで少年時代を過ごしその間アメリカのR&Bやブリティッシュ・ブルース・イノヴェーションの洗礼を受け、それが原体験となったのか、教師となったのち1979年にスライドも駆使したブルース・ギタリストとしてデビューしたというプロフィールを見つけました。彼の最大の特徴は音楽性がとてもフレキシブルなことで時にレゲエのリズムでロッカバラードを歌うかと思うとカリビアンぽい曲でハワイアン・スチールみたいなギターを弾いたりで、そこにあるものを自由に組み合わせて独自の音を生み出しています。ドブロの使い方も既成の概念に捕られずに新鮮な音を響かせています。

原体験が滲み出るスライドの美
Kevin Brown / Time Marches On
CD\2,850tax in
クリサリス所有の音源をTaxim厳選のDesart Island Classicsシリーズの#3として
リリースしたケヴィンのアルバム。どうやら93年リリースのアルバムの復刻と思え
ますがその快挙を喜びたいです。基本的にスライドに個性を発揮するギタリスト&
シンガーですが単にギターが上手いというのを超えていて、楽曲作りの才能と、
アレンジのセンスにワン&オンリーの閃きを感じます。レゲエ、ハワイアン、カリビ
アン等のエッセンスを上手く曲に溶け込ませた独特のサウンドは単なるロックとし
ては片づけられない魅力を生んでいます。ヴォーカル自体は80年代によくあった
AOR風に聞こえますが、斬新な音作りと彼特有のスライドが輝きを放っています。

1999 German Taxim TX-2047-2TA


トップページ / お申し込み方法 表示価格は税込価格です。