プロフェッサー・ロングヘアー(Professor Longhair)


ゲイトのギター&フィドルが共演したゴキゲンにスインギーなアルバム
Professor Longhair / Rock 'N' Roll Gumbo CD \2,500tax in
74年、ルイジアナはボガルーサのスタジオで吹き込まれた
ゴキゲンにダウン・トゥ・アースなフェスとゲイトのセッション。
自然と身体がグラインドしてしまう抜群のノリ、「ジャンコ・パ
ーナー」からトラディショナルの「スタガ・リー」まで全14曲は
二人共が亡くなってしまった今、宝物のように琴線に響きま
す。リズム隊に加えてコンガも入っているのがみそでリズム
の多彩さも聴き所。ゲイト抜きの後半の数曲、ニューオリンズ
・ピアノ至高の演奏が続きます。素晴らしくて釘付け状態。

2004 France Maison de Blues 982 246 - Independent Music
★★★★★


Professor Longhair / House Party Neworleans StyleCD \2,500tax in
ニューオリンズ・ピアノの話をするとき
このプロフェッサーを抜きにしては語れ
ないってくらいの存在。ここには'71年
-'72年の発掘音源が収録されている
のですが、いずれも素晴らしい出来映え
のものばかりで、いわゆるマニア向けの
レアテイク集というより、充分に代表作と
して数えあげられるものです。

1987 USA ROUNDER 2057
★★★★

Professor Longhair / Complete The London Concert CD\2,875tax in
(Out of Stock 売り切れ)
1978年3月26日ロンドンでのライヴ・レコーディングを
収録した作品。プロフェッサーの他にはアルフレッド・
ロバーツのコンガだけというシンプルな編成ですが、
しかしオーケストラ並のヴァリューを感じさせる
のりのりのプレイ満載のゴキゲンなアルバムです。
ドライヴの効いたピアノと歌にリズミカルなコンガが
絡み、会場全体がどんどんグルーヴしていくのが判ります。
プロフェッサーの隠れ名盤の1枚です。

UK JSP 805
★★★★

Proffessor Longhair / Live in Germany (Out of Stock)
フランスのNew Rose/Last Callにこのような盤があったとは!
このライヴ、音質はブートっぽい感じのポータブル録音並ですが、
そんなことはこの最高にノリの良いプロフェッサーの当夜の演奏を
聴けば些細なことになるはずです。一応ライセンス下で出た正規
盤で、一時は国内盤でも出ていましたが今は世界的に入手困難盤
となっています。とにかく全曲和やかに楽しげに歌うプロフェッサー
に心温まる一枚。特にN.O.ピアノ好きでなくてもゴキゲンになれます。

1992 France New Rose/Last Call 422379
★★★★

お申し込み方法