トゥルーディー・リン(Trudy Lynn)
96年のパークタワーのステージで衝撃を受けて以来、個人的にも相当のお気に入りになっているシンガーですが恐らくあの日会場にいた方はほとんどの方が同様ではないかと思っています。ヒューストン出身ながら、60年代末期にメンフィスタッチなフィーリングでデビューしたサザンソウルのシンガーとして紹介されることが多いようですが、結構今までもストレートなブルースも得意としていました。今回のアルバムは直球勝負の100%ブルースなアルバムでまたまた私はこの人に惚れ直してしまいました。もっと人気が出て欲しい!人。

入魂の100%ブルース・ライヴ、共演のカールも血管膨張度200%のド迫力!
Trudy Lynn / Trudy's Blues 〜 Live

(Out of Stock 売り切れ)
ギターにカール・ウェザズビーが全面参加しているのも注目ですが、
そのカールの超弩級の気迫を引き出したトゥルーディは凄いと感じ
ます。如何にこの日、パリのジャズクラブにおけるトゥルーディーの
入魂の歌いっぷりが凄かったか判っていただけるかと思います。最
初のハイライトは#2Trudy's Bluesで12分30秒超にも及ぶ熱唱はブ
ルースのおいしいところを目一杯詰め込んだ迫真の展開。#5Steal
Awayはまさにドラマティック!かつ圧巻の一言。さらには#7 Dr
Feelgoodでの入魂シャウトでもう完全にとどめを刺される感じです。

2002 France Isabel/Night & Day IS 640102


お店のページトップ / お申し込み方法 表示価格は税込価格です。