Blues Club / Blues Women Club / Rare Blues Club / 類似穴&ニューオリンズ倶楽部

      appleJam

  Louisiana Club


カテゴリーという概念を気にも留めない自由奔放さと溢れる音楽的エネルギー!まさに新時代を切り開くエネルギーに満ちた音がニューオリンズ・サウンドです。 グローバル化がどれだけ進もうとニューオリンズ・サウンドをグローバル化することだけは不可能なことをまさに証明しています。一方で時代に流されることなく全く変わらないことの素晴らしさをいつも教えてくれるのがルイジアナ音楽の際立つ魅力。ザディコやケイジャンを毎日聴いても絶対飽きないという方に文句なしのお薦め!

コースは 1枚会員2枚会員 が選べます。

5大クラブに共通のお約束のページもご一読下さいませ → 共通規約


<お申し込み方法>

「類似穴&ニューオリンズ倶楽部 ○枚コース申し込み希望」 と書いてE-mailまたはFAXにてお申し込み下さいませ。

お客様の お名前・郵便番号ご住所・TEL も忘れずお書き添え下さいませ。(入会金は不要)
お申し込みが20日より以前でしたら当月から、21日より以降でしたら翌月からお届け致します。

以上の他にもご質問やご不明の点がありましたらE-mailにてお気軽にお問い合わせ下さいませ。
よろしくお願い致します。


  Louisiana Club


2021年の 頒布予定タイトル一覧 (類似穴&ニューオリンズ倶楽部は2021年で活動開始以来20年目)
表示価格は税込み価格です。

2021年 1枚コース会員様 2枚コース会員様にはこちらの作品もお届けします
1月 新年早々からシティ色炸裂!の超貴重盤を、これが最後の蔵出し!
マリア・マルダーが、ヤラレタわ♪ なんて言いそなキュートな作品

Ingrid Lucia & the Flying Neutrinos Don't Stop CD VERY LIMITED
前作"Almost Blue"でさらに一歩ジャズに踏み出した結果、その完成度がかなりの域にあった故、次は果たしてどうするのだろうという期待感が大だった作。今回は何とDuke HeitgerCraig KleinとさらにJohn Fohl といった個性派を三人も従えて、まさに女王の貫禄充分といえる作品になりました。後半特に#10.Do You Know〜などうっかりするとビリー・ホリディ風に歌うヘレン・メリルかという展開。ジョン・フォールのギターも特に後半は完璧ジャズ・ギター。娘時代にニューヨークで華を咲かせた人らしい、そんな雰囲気のジャズが混じっている点が如何にもイングリッドです。オリジナルでシティ色が炸裂しています。
2007 USA Ingrid Lucia ILCD-2007
Sean Ardoin  Came Thru Pullin'  CD




USA Independent
2月 Travis Matte & the King Pins  CD VERY LIMITED


2020 USA Independent
Putumayo  New Orleans Mambo  CD VERY LIMITED


2020 USA Independent
3月



New Orleans Nightcrawlers  Atmosphere  CD VERY LIMITED



2020 USA Independent
John Lisi & Delta Funk  Retox  CD VERY LIMITED
USA Independent
4月 Bonerama  Hot Like Fire  CD
USA Independent
Debbie Davis & Matt Perrine  CD
USA Independent
5月 New Moon Jerry Roll Freedom Rockers  Vol.2  CD \2,640
2021 輸入盤国内仕様
the New Orleans Jazz & Heritage festival  Live Recordings  CD-R \3,300VERY LIMITED

No Image

ニューオリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェストから長尺ライブを9曲収録。収録年度、アーティスト名、曲名の表示のない一種闇鍋的な超マニアック・ライブ盤。全曲言い当てたらニューオリンズ博士くん間違いなし。
USA Independent
6月 僅か2曲のシングルCDながらその余韻はアルバム1枚分
Jonno South to Louisiana CD-R \2,000

03年の前作で実にほのぼの〜っとさせてくれたJonnoの
今回は2曲入りシングルCD。いずれも際だって穏やかな
個性が滲む佳曲で、あらためてソングライティングの才能
の豊かさを思い知ります。特に#2.Gentilli Teracce は情景
の浮かぶ質感を伴い、もしやそこは雨後の午後薄陽が射
してきたばかりのプチ温もりあるテラスか、という感じです。
一種SSW風室内楽という感じの楽曲、私はこういうのに
弱いのです。ということでこれは文句なしのお薦め盤!
2007 USA Self Release スリムケース入り
Carol Fran  Tous Les Jours C'est Pas La Meme  DVD \6,000
USA Independent
7月 Tommy G & Stormy Weather feat. Warren Storm  CDVERY LIMITED\5,500
USA Independent
肩の凝らな.いテイクイット・イージーなペンシルヴェニア産の新型ザディコ
Zydecoal  Where You Got Them Shoes CD-R \3,760 VERY LIMITED
かなりロックぽいテイストをしたザディコでメンバーの風貌も含めて如何にもの出で立ちです。とはいえ中身はみなおじさんばかりで、つまりはロック世代が団結したザディコバンドと考えれば合点がいきます。全編スピーディーかつ軽妙な展開は聴く 人を選ばない取っつきやすさがあって、入り口にも奥座敷にも似合う音かと思います。

2005 USA Independent
8月 Ann Savoy Plays the Music of Cleoma Falcon  CD \5,280
輸入盤 Independent
ミシシッピー系ながらルイジアナファンにも聴いて欲しいネイティブで
フォーキーな
生ハープ&アコギ・ブルー
Eddie "Vaan" Shaw Give Me Time CD \3,850
初めてこのアルバムを聴いたときは、そのフォーキーさに驚いたのですが94年にツアーで渡欧した際、ウィーンで収録された音源と知って納得です。スタジオ・テイクが8曲と、小さなクラブでライヴ録りした5曲とで構成、生ハープとアコギ、さらに曲によってピアノも加わりますが、ヴァーンのエレキの伴奏に併走するChristian Sanderaの生ハープと、Al Cookのアコギのサポートも実にシブイところ。最初の印象よりも、何度も繰り返し聴いているうち秘めたる良さが染み込んでくる、そんなアルバムです。ライト級のアルト・ヴォイスも印象的。
2005 輸入盤 Independent
9月 George Porter Jr  Crying for Hope  CD \5,500
輸入盤 Independent
Vince Anthony Swamp Poppin' Blues CD \2,850
日常のバックグラウンドにこれほど似合う歌もなく、スワンプポップは理屈抜きにただ楽しめばいいという音楽。世の中には男と女しかいないのだから、いくつになっても誰が歌ってもOKという点で、メキシコのマリアッチにも似たスイートさと情熱を感じます。ラヴソング、バラード、ブルースといずれも如何にもルイジアナ産らしいテイストが一杯。サックスが随所で良い仕事しているのが特に印象に残ります。
2008 USA Midnight Gold Music MG5512
10月 Guy Davis  Be Ready When I Call You  CD \4,950
USA Independent
Big Chieaf Monk Boudreaux Bloodstsins & Teadrops  CD \4,850
2021 USA Independent
11月 Tiffany Pollack  Bayou Liberty  CD \2,420
2021 輸入盤国内仕様
これが最後の蔵出し!
ロックとファンクをSSWテイストとジャムバンド・テイスト半々で

Gravy Said & Done CD \3,850
ファンクを土台に判りやすいリフによるハードロック・チューンを展開しているバンド。ロック・チューンでは耳にはキーも入ったロックトリオに聞こえるのが特徴で、一方バラードでは何となくSSW的なアプローチにも聞こえます。
2008 USA Blue Eyed Dog
12月 Dwayne Dopsie  Set Me Free  CD \4,950


USA Independent
Rod Gator  For Louisiana  CD \5,500


USA Independent