デイヴ・アイザックス(Dave Isaacs)
基本的にはジャズなんですが、これに最も近い既存の音はウインダムヒル系のあの音です。見た目にはノンジャンル音楽として、今や世界に多くのファンを持つジャンルに成長しましたが、それらは言ってみれば非クラシック音楽のシーンに誕生した新しいタイプの現代音楽。このデイヴもまたそのような方向性の音楽を独自に開拓しようとしている感じがします。このような音はここ日本ではジャズ雑誌にも載らなければ、恐らくはミュージック・マガジンやレコード・コレクターズからも対象外と見なされそうな音。そういった隙間を埋めるのも当店の仕事かなと感じています。デイヴ自身は多分ニューヨークで活躍している、非常に有望な若手ギタリストです。

appleJam特選 GuitarPlayer
ご注文方法 / top page

エレキギターだけに可能な美音、それを究極まで追求するタイプの奏者
Dave Isaacs Flying CD \2,500tax in
このデイヴが愛用している三本のギターはいずれも共通の
ボディラインを持つどうやらカスタム仕様らしいソリッドギター
なのですが、これが耳にはスパニッシュタッチのエレアコ・サ
ウンドに聞こえます。スペイン的な音のこだわりは楽曲にも
現れていて一聴してスパニッシュムードな曲も多いです。奏
者としての技術力は抜群なのに、曲をひとつのドラマに変え
る演奏家としての表現力の方がもう一息、個々の曲の部分
部分は非常にカッコ良いのでそれがちょっと惜しいです。

2004 USA Les Coyote - Independent Jazz
★★★★
(収納棚CD11)