appleJam特選 BluesMusic
ご注文方法 / このCDのカスタマー・レビューを投稿する / top page

下記コメント中に茶色のリンクがある場合、対象の曲を試聴可能です。

Americana Club
キース・B・ブラウン
ニュータイプのフォーク・ブルースマン、新型S.ボーレンという印象も有り

Keith B. Brown Down the Line CD \2,300tax in
同じフォーク・ブルースでも時代感覚にマッチングしたニュータイプの
ブルースマン。不思議と共演のジェイソン・リッチもここでは自身のニュ
ータイプ的側面を見せているのが特筆。#4.Satisfy My Soul や #8. Kick It
はまさにそんな典型例かと。キースの歌いっぷりは一種吟遊詩人っぽくも
あって、私の耳には原型がスペンサー・ボーレンにあるような気もします。
多分キースはボーレンを好きなのかも。私が一番気に入ったのは#9.Cold
Fever
でエレキギターを美味くおかずに使ってるセンスにも惚れました。
シンプルだけど緻密、かつてのM.スコセッシ監督監修のブルースムービー
の一作でヴィム・ヴェンダーズ監督の「ソウル・オブ・アマン」で
スキップ・ジェイムス役で出ていた人とのこと、DVDでコレクション
している方は早速チェックですね(笑)。

2011 輸入盤国内仕様 BSMF BSMF-2248
★★★★☆