クリス・ベアード(Chris Beard)

Chris Beard / Born to Play The Blues \2,625tax in

97年の1stが好評だったクリスの2ndアルバムです。最近は
ブルース界には珍しくなったハムバッキングのレスポールで
音もかなり個性的です。ディストーションを適度にかけた上で
イコライザーも少々入ってますね。堅焼きせんべいを奥歯で
バキバキ噛むときのあの歯ごたえです。歌も上手いし今後
もっと注目されて欲しい存在です。JSPのジョンは、こういう
埋もれた才能を発掘・育成するのに熱心ですが、プロモーシ
ョンをあまりしないのでメディアにはあまり載らないものの
要注目盤の1枚ですね。聴く者をぐいぐい引っ張る力有り。
2001 UK JSP JSPCD-2148

Chris Beard / Barwalkin' (Out of Stock)

これがクリスの1stアルバム。ツツ・ジョーンズ等に続く
若手ブルース界のプリンスと紹介するジョン・ステッド
マンの期待に応えて、秀逸な出来映えの作品となって
います。父親ジョー・ベアードもブルースマンで最近多
いブルース界の2世の一人ですが典型的な90年代型
モダン・ブルースでゴキゲン度は高いです。この出来映
えだと次回作が出たのも頷けます。若い才能に目が無
い方は必聴の1枚だと思います。

1997 UK JSP 288


トップ / お申し込み方法 表示価格は税込価格です。