Blues Club /Blues Women Club /  Rare Blues Club /類似穴&New Orleans Club
最も人気のある老舗コース
B
luesClub

appleJam出店とほぼ同時に立ち上がったクラブ第一号の老舗コースです。
意外性も含めて聴いて楽しい進行形ブルースが中心ですが、コテコテのブル
ースよりかは聴いてカッコいいブルージーなサウンドが信条です。創設時から
の古参ファンの中には、たまにはヴィンテージの極上ブルースやR&Bも混ぜて
との声が少なくなく、温故知新の気持ちも籠めて時々は60〜70年代の発掘
盤も選盤しています。熱血系のイカした音が好きな幅広いファン層にお薦め!

コースは 1枚会員2枚会員 が選べます。

5大クラブに共通のお約束のページもご一読下さいませ → 共通規約


Blues Clubには カスタム・コース もあります

御希望のお客様には、お寄せ下さったお好みのタイプに合ったブルース・アルバムを極力お送りするように致します。
以下は実際に会員様からのご希望があるカスタム・コースの例です。

例1) 時々混じるブルース以外の作品を入れ替えて毎回ブルース盤だけを選盤する。
例2) 毎回黒人が中心のブルースだけを選盤する。
例3) ギターがメインのブルース・アルバムを中心に選盤する。
例4) ブルース・ハープがメインのアルバムを中心に選盤する。


<お申し込み方法>

「Blues Club会員 ○枚コース申し込み希望」 と書いてE-mailまたはFAXにてお申し込み下さいませ。

お客様の お名前・郵便番号ご住所・TEL も忘れずお書き添え下さいませ。(入会金は不要)
お申し込みが20日より以前でしたら当月から、21日より以降でしたら翌月からお届け致します。

以上の他にもご質問やご不明の点がありましたらE-mailにてお気軽にお問い合わせ下さいませ。
よろしくお願い致します。

BluesClub
2021年の 頒布予定タイトル一覧 (Blues Clubは2021年で活動開始以来22年目となります)
表示価格はすべて税込価格です

2021年 1枚コース会員様 2枚コース会員様にはこちらの作品もお届けします
1月



キーボードとギターの絡みに美を見る米欧の共演、聴き所多々のライヴ盤
Larry Garner Embarrassment to The Blues? CD VERY LIMITED
2001年のドイツでのツアーから収録されたアルバムですが、ラリーの個性というか、力まずに軽く歌っていてソウルフルなキャラクターが存分に楽しめます。ギターの音はナチュラルでありながら腰のあるいわば太い音。フレージングがジャジーなのも特徴で、全体的なイメージはもろブルースというよりソウルフルなフュージョンとも言えて、あたかもコーネル・デュプリーの参加したダニー・ハザウェイのライヴ盤の趣です。とはいえ数少ないスローなストレート・ブルース#8で見せる濃厚さは特筆です。現地のバンドのサポートぶりも大したもので特にキーボードのセンスが抜群、アルバムの随所で光ります。
2002 German RUF RUF-1078
Danielle Miraglia  Bright ShiningStars  CD



2020 輸入盤国内仕様
2月 フィリップ・ファンクハウザー 超貴重世界廃盤をこれが最後の蔵出し!
ブックレットの歌詞片手にじっくりと聞き入ってしまう、そんな実に深い作りの作品

Philipp Fankhauser/ Love Man Riding CDVERY LIMITED
そこはかとなく70年代の日本のブルースの香りがする作品で、なおかつファンクハウザー自身もこれを自己の最高傑作と意識しているのではと感じる1枚。オレのここでの仕事は終わった、と淋しく歌う#2.I'm Finished Hereなどは、この惑星で自分は最高の仕事をしてしまったと歌っているような気もします。実に味わい深い曲。続く#3.I Got Loveでは、しかしオレはまた恋をしてしまった、やるべきことがまだまだあったと、歌詞にそう書いてある訳ではないものの、彼がそう歌っているように勝手に思えてきてしまう歌。一歩一歩自分の足下を見据えながら活動している感じが伝わってきて、今後益々彼から目を離せなくなってしまいます。#4.Lonely in this Town は古くからのファンにはお馴染み、プチ・コープランド節のソロも顔を出すメロウファンク・チューン。もうアルバム全曲が極めて素晴らしい!です。
2008 German CrossCut/Funk House Blues CCD-11098
Bette Smith Good, the Bad and the Bette  CD



2020 輸入盤国内仕様
3月







ジェシー・トーマス(Jesse Thomas)
黒人ブルースのリアルな歴史的音源(世界廃盤のこれが最後の蔵出し)
戦前ブルースの生き証人だった大御所をニューオリンズのブラックトップがリアルに捉えていた一枚
Jesse Thomas Lookin' for That Woman CD \4,850
ジェシーは1995年に84才で亡くなっており、このアルバムは追悼の意味を込めて直後にリリースされたもののようです。1911年ルイジアナ州ローガンスポート生まれ、戦前から戦後にまたがって活躍したルイジアナのブルースマンで、一時は引退アラスカの郵便局勤務を経て後にカムバック。ここではデニス・キャバリエのピアノと共にアコースティックなタッチの渋いブルースを聴かせてくれます。アルバムのラストには19才当時の吹き込みも収録されていますが、さすがその時点で既に名人芸の域にあります。"49"のミドルネーム付で表記されることもあって、それはかつて出演していたテント・ショーが"Forty-Nine Shows"という名称だったことに起因する模様です。
USA 1996 Black Top New Orleans Independent Blues
名前は知ってるけど、という方に是非!の意味でもこれが最後の蔵出し選盤
今日はマーシャを観てきたんだ、って言っちゃいそうな楽しいライヴ盤

Marcia Ball Live! Down the Road CD \2,500
マーシャが好きでずぅっと聴いてきた人にも初の嬉しいライヴ盤!ビデオで観たよと言う方もアルバムで聴く14曲76分超はまた格別と思います。例えばここで聴ける#4.That's Enough of That Stuff、ライヴだからこそのノリにプラスして、最近のマーシャならではのやや枯れた感じのハスキーヴォイスが逆に若いときにはなかった魅力を生んでいます。あと、ギターがPat Boyack、派手なソロは弾いてませんがやり嬉しさ倍増の発見。マーシャなら一日中聴いていても飽きなかった若い頃を私も思い出してしまいました。ライヴ盤としてもとても充実していて初めて聴く方でも絶対これをお薦めします。
2005 USA Alligator ALCD-4903
4月 Smokey Hogg  the Texas Blues  CD  \3,540
戦前テキサス・ブルースの巨人。 「Girl」を筆頭に、1960年に亡くなるまでの間に残した256にも及ぶレコーディング音源のなかから厳選してコンパイル。ホグの珍しいインストナンバーなど完全未発表の4曲はもちろん、過去に一度も再発されていないシングル収録曲などいずれも初CD化の音源でまとめられており、ACEから過去にリリースされていた4枚の編集盤にも負けず劣らず極上の内容!卓越した演奏スキルに恵まれたわけではないものの、アフリカンアメリカンから絶大な支持を得ていたという魅惑のホグ節をたっぷりと堪能していただきたい。 〜〜以上の説明は P-Vine輸入部様の資料より転載しました、
2021 UK ACE 輸入盤
Corey Ledet Corey Ledet Zydeco  CD  \5,500
USA Independent
5月 Blues Caravan 2020   CD+DVD(2枚組)  \2,970
2021 輸入盤国内仕様
Harmonica Shah   Ain't Gonna Worry About Tomorrow  CD  \2,640
2021 輸入盤国内仕様
6月 琴線に響くテックスメックス系ヒーリングボイスに目の幅涙
ティッシュ・イノホサ
Tish Hinojosa A Heart Wide Open CD \3,500

比較的アコースティック度の高い音作りの中、ときに見え隠れする感じで控えめに響くアコーディオンの音の何と美しいことか。全体的な方向性は "Sign of Truth"の延長にある感じ、そしてそこに "Frotejas"っぽいアコーディオンが寄り添っています。曲はいずれも耳に入ってくるだけで知らず知らずのうちに人をハッピーにしてくれるような、そんな柔らかさを伴っています。まさに標題通りのメッセージがフィーリングで届く感じ。2曲でフラコ・ヒメネスが参加しているのも特筆、最近のイノホサではこれが文句無しのベスト作!
2005 USA Valley Entertainment VLT-15196
Henry Gray &Bob Corritore  Sessions Vol.2 Cold Chills  CD \2,640
2021 輸入盤国内仕様
7月 Kid Ramos & Bob Corritore Phoenix Blues Sessions   CD \2,640
2021 輸入盤国内仕様
Dave Riley &Bob Corritore  Travelin' the Dart Road  CD \2,640
2021 輸入盤国内仕様
8月 Maria Muldaur with Tuba Skinny  Let's Get Happy Together  CD \2,640
2021 輸入盤国内仕様
the Persuasions Rghit Around the Corner  CD  \3,850
USA Independent
9月 Ally Venable  Heart of Fire  CD \2,640
2021 輸入盤国内仕様
Shannon McNally  the Waylon Sessions  CD \2,640
2021 輸入盤国内仕様
10月 Clarence spady  Surrender   CD \2,420
2021 輸入盤国内仕様
Veronica Lewis  You Ain't Unlucky  CD \2,420
2021輸入盤国内仕様
11月 Leslie West  5Originals  3CD \2,970
2021 輸入盤国内仕様
これが最後の蔵出し♪ 世界廃盤の超貴重盤!
盟友、再びの共演 〜 奥歯でかみ締めたくなるヘヴィな歌が印象的

Billy C. Farlow & Bleu Jackson Good Whiskey CD \3,850

前作 から9年を経た二人の再開、サポートのメンバーも全く同じ模様でライナーにはよく帰ってきてくれた・・・とメンバーに寄せる言葉もあり。主役の二人はその間に益々骨っぽく渋くトシを重ねたことを実感する一枚で、まだ何となくほんわかしていた前作とは明らかに歯ごたえが異なっています。歌は風格さえ滲み、デルタ風のエレキにビリーのハーモニカが実に良く似合います。プロデュースはもちろんフレッド・ジェイムスで、このフレッドを軸としたナッシュビルの面々は理想的なグッド・アメリカンなフィーリングをずっと持ち続けている人々であることを再認識します。
2004 German Taxim TX-1058
12月 Leslie West  Got Live   4CD \3,520
2021 輸入盤国内仕様
Deb Ryder Memphis Moonlight  CD \2,640
2021 輸入盤国内仕様