Blues Club / Blues Women Club / Rare Blues Club / 類似穴&New Orleans Club

BluesWomenClub

特にこの数年、女子力の魅力とパワーが俄然増大中!カワイイから聴くという
スタンスから、実力も迫力も男子を上回る若きブルースウーマンが続々登場!
毎日の生活に新鮮な活(カツ)を入れたい方に絶対のお薦め!です。

コースは 1枚会員2枚会員 が選べます。

7大クラブに共通のお約束のページもご一読下さいませ → 共通規約


<お申し込み方法>

「Blues Women Club会員 ○枚コース申し込み希望」 と書いてE-mailまたはFAXにてお申し込み下さいませ。

お客様の お名前・郵便番号ご住所・TEL も忘れずお書き添え下さいませ。(入会金は不要)
お申し込みが20日より以前でしたら当月から、21日より以降でしたら翌月からお届け致します。

以上の他にもご質問やご不明の点がありましたらE-mailにてお気軽にお問い合わせ下さいませ。
よろしくお願い致します。

BluesWomenClub
2021年の頒布予定タイトル一覧  (Blues Women Club は2021年で活動開始以来 15年目)
表示価格は税込価格です。

2021年 1枚コース会員様 2枚コース会員様にはこちらの作品も併せてお届けします
1月 新年早々からクレセントシティ色炸裂!の超貴重盤を、これが最後の蔵出し!
マリア・マルダーが、ヤラレタわ♪ なんて言いそなキュートな作品

Ingrid Lucia & the Flying Neutrinos Don't Stop CD VERY LIMITED
前作"Almost Blue"でさらに一歩ジャズに踏み出した結果、その完成度がかなりの域にあった故、次は果たしてどうするのだろうという期待感が大だった作。今回は何とDuke HeitgerCraig KleinとさらにJohn Fohl といった個性派を三人も従えて、まさに女王の貫禄充分といえる作品になりました。後半特に#10.Do You Know〜などうっかりするとビリー・ホリディ風に歌うヘレン・メリルかという展開。ジョン・フォールのギターも特に後半は完璧ジャズ・ギター。娘時代にニューヨークで華を咲かせた人らしい、そんな雰囲気のジャズが混じっている点が如何にもイングリッドです。オリジナルでシティ色が炸裂しています。
2007 USA Ingrid Lucia ILCD-2007
エミ・マカベ  アニバーサリー  CD





2020 輸入盤国内仕様
2月 Ruthie Foster  Live at the Paramount CD



2020 輸入盤国内仕様



Carol Fran and Clarence Hollimon See There! CD
とにかくこのカップルの魅力はキャロルの幅広い芸風、それも結構可愛い感じのヴォイスに旦那のホリマンのいぶし銀のギターが絡むと絶妙のバランスを生むことです。もろセカンドラインからバラードやブルースまで、一端キャロルを好きになると、その曲は何でも良くなってしまう気がします。そのせいか私はキャロルをブルース・シンガーなのかソウル・シンガーなのかはたまたなんて考えたことがないのに気が付きました。つまり何を歌ってもキャロル節になる、これは歌手にとって、パフォーマーにとって最大の武器であり魅力だなと感じます。お薦めの一作!!
1994 USA Black Top BT-1100(USAオリジナル盤)
3月 セルビア・モンテネグロが生んだ欧州最大の人気ブルース・ウーマン・ギタリスト
Ana Popovic Live in Amsteldam CD
ドイツRUF社とは当店も過去に一度取引実績があるものの、一回当たりの取引における最低ロットの基準値が個人店にはハードルが高すぎて、その後は指を加えたままでした。それが最近になってBSMFがそのRUF作品を積極的に国内に供給するようになりここへきてようやく普通に販売出来るようになりました。恋い焦がれたそのアナの、これが最新ライヴ盤!2005年アムステルダムで収録の重量感溢れる音をお楽しみ下さい。美形なのでDVDだと2倍楽しめます。
輸入盤国内仕様
ワイルドなイメージとモダンなファンク・ブルースが共存、その希有なセンスが光ります
Ana Popovic Comfort to the Soul CD
ポポヴィッチの最大の特徴は何と言ってもそのモダンなファンキーさにあるように感じます。ドライヴ感のあるシャープなスライドワークが圧巻、重量級のファンクビートにもよく似合います。同じブルースに軸足をおくウーマン・ギタリストの中でもジャズ〜フュージョン寄りの音もOKというそのスタンスもファン層の厚みを裏付けているし、音的な抜けの良さも特筆。全欧で人気No1の女性ギタリストと称される所以もそこにありそうです。ゴキゲンです。
輸入盤国内仕様
4月

Erizabeth Lee You Got That Right \2,800

エリザベスが並のロッカーでないことは送られてきた音を聴いただけで直ぐに
判りました。それはこのアルバムの#3.River Invitaionや#6.Start it Upを聴くと
一発でした。#3は泥臭いハープが最高の絡みを見せたり、#6は何となく軽めに
始めておいて一気にテンションを上げて疾走するその姿はとても新鮮な驚きで
した。どっちが本業なのかアートにも際立った才能を見せる側面も持っていて奥
の深い人だな〜と思わせます。このジャケットのアートはまだ朝飯前のレベルで
本気を出してる作品を見て私は畏敬の念を覚えました。素晴らしい才能と天性
の突き抜けたヴォイスはまったく人を魅了してやみません。#8.のあの"After
Mid Nightのカバーにもメロメロになってしまいました。もう最高っ!!
2002 German Txaim/

Lisa Bourne Bluehipnotik \3,850

アメリカのまだ無名な才能をいち早く見つけ自社でアルバムを制作する英国の
ジョン・ステッドマン。数多くの若い才能に世に出る機会を与えているJSPのオー
ナーですが、ここから巣立って活躍している有能な人は枚挙にいとまがありませ
ん。日本よりは海外での評価が高いレーベルでもあります。このLisaもそんな若い
才能の一人ですが私が目を付けたのは実はKirk Eli Fletcherが実に良い仕事を
ここでしているから。ここで聴けるカークのギター(右チャンネル)はもはや不動の
中堅ぶり!ソロの際のフレージングといい、巧みなバッキングといいまさに若手で
は天下一品です。ジョンはほんとに有能なギタリストを手に入れたと思います。
リサ自身もかなりの実力を発揮しているのでこれは是非注目してみて下さいね。
2001 UK JSP

5月  Carol Fran and Clarence Hollimon See There! CD \3,350
とにかくこのカップルの魅力はキャロルの幅広い芸風、それも結構可愛い感じのヴォイスに旦那のホリマンのいぶし銀のギターが絡むと絶妙のバランスを生むことです。もろセカンドラインからバラードやブルースまで、一端キャロルを好きになると、その曲は何でも良くなってしまう気がします。そのせいか私はキャロルをブルース・シンガーなのかソウル・シンガーなのかはたまたなんて考えたことがないのに気が付きました。つまり何を歌ってもキャロル節になる、これは歌手にとって、パフォーマーにとって最大の武器であり魅力だなと感じます。お薦めの一作!!
1994 USA Black Top BT-1100(USAオリジナル盤)
ホリマンの遺作となったコンビ最後の録音で、なおかつこちらがファースト・リリースの英国オリジナル盤
Carol Fran and Clarence Hollimon It's About Time CD \4,850
キャロルの表情豊かな歌とホリマンの職人芸的ギターのコンビはまさにおしどり夫婦と呼ぶに相応しいコンビネーションを示しています。惜しくもホリマンは既にこの世の人ではありませんが、私たちはこうやって残されたCDでいつまでも演奏を楽しむことが出来て幸せです。ホリマンが1曲と、リズム・ギターで参加してるジョン・マークスも3曲で歌っているせいかいつになくバラエティに富んだ感じでスインギーかつゴージャスなジャンプ系路線をまっしぐらです。キャロルにはこれからもめげずに活躍してくれること願っています。
2000 UK JSP JSPCD-2139
6月 まさにBlack Topのレーベル・カラーを象徴するサウンドで一杯
Carol Fran and Clarence Hollimon Soul Sansation! CD \3,000
フラン&ホリマン夫妻によるこれが92年のBlack Top初吹き込み。ジャジーでブルージーでソウルフルなサウンドは今も時代の先端を行く感じ。全く惜しい人(ホリマン)とレーベルを私たちは無くしてしまったものです。ここにある全曲がニューオリンズ・ブルースの素晴らしさを思い知らせてくれる名演・名唱ぞろい、ポーターJrの参加や、アコーディオンのリン・オーガストの活躍も見逃せない要素、ガンボ・スープのような、ごった煮的ブラック・ミュージックの面白さを文句無し満喫出来る素晴らしいアルバムです。
2006 国内盤 P-vine PCD-22253
一人になっても二人って感じのハートをびんびん感じるのが嬉しいアルバム
Carol Fran Fran-Tastic CD \4,850
ホリマンを亡くして以来一日も早い元気な復活を願っていた人は相当多かったと思います。その待望の新作は、力みも路線変更も全くないいつものキャロルがそのまんまで嬉しさと安堵がこみ上げてきました。ライナーにもジェフ・ハナッシュ(N.O.の作家)の感慨深い長文が寄せられていますが、やはりルイジアナ特にキャロルの故郷ラフィエットの人々にとっては50年来の付き合いだけにこのアルバムは喝采とともに迎えられたと思います。#3〜#5、#8のジャズ・ブルースは個人的にも黄金のトラック、新しいギタリストSelwyn Cooperが活躍する#10のスローブルースもドラマチックで大満足です。ファンキーな#11はオリジナルでちょっぴり新境地か、#12とラスト#13はまさに独壇場でスカッっとします。
2002 USA SONO(Sound Of New Orleans) SONO-1056
7月
8月
9月
10月
11月
12月